構図別の内部紛争

株主 対 株主

株主対株主の紛争も有り得ますが、実際に来られる方の相談は、現経営陣・旧経営陣と株主を兼ねておられることが多いです。ただし、内部紛争案件は、法的な会社所有者(持分者)である株主(株式)と会社から委任を受けて経営を行う取締役の立場の違いから、株主対株主の構図で見た場合に、何が主張出来て何が主張出来ないかを検討することも少なくありません。

「株主対株主」の場合に比較的多い、主な相談事例は下記の3つです。

1.株主総会問題(議決権拘束契約問題を含む)

2.株主権問題(買取・売却・帰属紛争等)

3.損害賠償問題

内部紛争の主な分類

お気軽にお電話ください。
無料相談のご予約はこちら

ご相談・ご予約はこちら お電話:06-6170-8366 電話番号:06-6170-8366 メール相談・来所相談を承ります