株主属性別の内部紛争事業承継コラム段階別の内部紛争争点別の内部紛争

大阪弁護士会のホームページに当職の記事が掲載されました「【事業承継】会社創業者である父が亡くなり、弟から社長の座を譲るよう言われています。どうすれば・・・」

大阪弁護士会のホームページに当職が執筆した事業承継の記事が掲載されました。

【事業承継】会社創業者である父が亡くなり、弟から社長の座を譲るよう言われています。どうすれば・・・

私は、従業員20名の卸売業を営んでいる者です(社長、65歳)。
当社は父が創業した会社で、株は父が60%、私が40%保有しておりましたが、父は残りの株を私に譲らないまま、昨年急死しました。私自身は、20歳から当社で45年間働いており、10年前から社長をしています。3年前に、当時無職だった弟を社員として働かせています。
ところが父が亡くなった後、弟が高齢の母親を抱き込んで、自分が後継者である、といって、社長の交代を要求してきています。弟の要求を呑まねばならないのでしょうか。
ちなみに亡くなった父の法定相続人は、母と私と弟の3名で、遺言書はありません。

ご質問にお答えするには、まず、相続の対象となった株式の法律上、裁判例上の取り扱いについて、知っていただく必要があります。順に回答させていただきます。
(続きはこちら) https://soudan.osakaben.or.jp/?p=1306

お気軽にお電話ください。
相談のご予約はこちら

ご相談・ご予約はこちら お電話:06-6170-8366 電話番号:06-6170-8366 メール相談・来所相談を承ります

多種多様な事案に対応

新世綜合法律相談事務所