コラム

競業取引の具体的検討②~応用編~

(前回の記事:「取締役の責任〜競業避止義務〜」) では、どのような場合に競業取引となるか、引続き具体的に検討してみましょう。 ア:製パン会社が工場設置予定地として購入することを予定している土地を、取締役が自己又は第三者の […]

株主が死亡した場合の、相続人による名義書換請求

Q1.株主が死亡した場合、相続人は、どのような手続により名義書換請求をすればよいのですか。 A1.相続人は、株式取得者として名義書換請求を行うことができます(133条1項)。 名義書換請求は、原則として譲渡人と譲受人が共 […]

取締役の資格・欠格事由とは

Q.取締役になるのには何か条件がありますか? 大阪在住の者です。かつての上司が設立した会社に取締役として誘われていますが、取締役になるのには何か条件がありますか。 A.会社法に規定された欠格事由に該当しなければ、取締役に […]

取締役の任期

Q.取締役の任期について 法律で決まっているのでしょうか?それとも会社が自由にきめることはできますか? 大阪にて株式会社を経営している者です。取締役の任期については、法律で決まっているのでしょうか。それとも、会社が自由に […]

譲渡制限のある株式を譲り受けた場合の手続き

Q.譲渡制限のある株式を譲り受けましたが、会社はまだ承認してくれません。会社に対しては、どのようなことを求めることができますか。 A.承認請求を行うことができるのは誰か 譲渡制限株式であっても、譲渡人と譲受人の合意があれ […]

お気軽にお電話ください。
相談のご予約はこちら

ご相談・ご予約はこちら お電話:06-6170-8366 電話番号:06-6170-8366 メール相談・来所相談を承ります

多種多様な事案に対応

新世綜合法律相談事務所